Loading...
0/4

ホテル メディテラーネオ

お客様が夢見るようなオリジナルのアール・デコ様式の貴重な一例

10階建ての真のオリジナル アール・デコ

アール・デコの建築家、マリオ・ロレッティが1936年に設計したホテル メディテラーネオはローマの中心部、7つの丘の中で一番小高いエスクイリーノの頂上にある4.5つ星ホテルで、ローマの壮大な眺めをご提供します。
中心部という恵まれたロケーションで、トレビの泉、コロッセオ、フォーラム、オペラハウス、ローマ国立博物館、サンタ・マリーア・マッジョーレ教会、ヴェネト通りといった、主要古代モニュメントまで歩いていける距離にあります。
テルミニ駅、バスターミナル、地下鉄まで数分の距離にあり、街をスムーズに移動するのにも非常に便利です。
レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港 (フィウミチーノ空港)とホテル近辺を結ぶトレインシャトルもホテルから数分の場所にあります。

ホテル メディテラーネオ、そこはアール・デコの夢が実現するところ!

ホテル メディテラーネオは50メートル10階建て、251の客室を誇り、ローマ中心部でもっとも高い建物になります。1930年代に建築され、そのスタイルはアール・デコと、歴史的な価値のある当時の味わいを反映しています。ウリュッセウスの話を描いたローマ帝王の大理石胸像とモザイク装飾がホールを飾り付けます。インテリア装飾の大半が木と大理石でできています。メディテラーネオという名前の通り、ホテル全体を通して海というテーマをお楽しみいただけます。

クラスはアールデコ調です。

それのテーマはブレックファーストルームの美しい天井にも見られます。樫の木の彫刻のトリトンとマーメイド、そして船に取り付けらていた背の高いランタンを思い起こさせる2つの歴史的なシャンデリアで飾られています。磨かれた木と混ざり合う大理石が主役となります。吊るされた大理石のブロックで作られた均整の取れた階段、スタイリッシュなバーには、アラバスターのカウンタートップにブドウ農場の人々とバッカスが描かれた象眼細工の木製の羽目板があります。
明るい応接室には地中海が描かれた大きな羊皮紙の地図があり、暖炉の上には、あなたを悩ますパズルが描かれた貴重な木のインレーが

このアール・デコの傑作が建築されたのはいつ?

建築家のマリオ・ロレッティがマウリツィオ・ベットーヤのために1936年に設計しました。ホテル メディテラーネオはローマにおける最高級のアール・デコの一例なのです。モザイク装飾、化粧しっくい細工、貴重な木製インレーと羽目板といったさまざまな要素が組み合わさり、今日でも引き続き感嘆と喜びを与えてくれます。古代建築と現代建築の結びつきが明白なエスクイリーノ地域にあるホテル メディテラーネオは伝統と革新が完璧なまでに融合しています。お客様は現代的な快適さを享受しつつ、1930年代の洗練と魅力を同時に楽しむことができます。

ホテルの10階:ローマ中心部でもっとも高層階にあるスイートおよびルーフガーデン

10階には、テラスの付いた7室の明るく、豪華なスイーツ、そしてルーフガーデンのレストランおよびバーもございます。これらスイーツからは息を飲むローマの眺めが楽しめます。サン・ピエトロ大聖堂、クイリナーレ宮殿、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂、街を取り囲む丘がご覧いただけます。
スマートなルーフガーデンのレストランとバーは、素晴らしいイタリアおよび世界各地の料理を、選りすぐりのワインと蒸留酒とともにお楽しみいただけます。

コンベンション:一箇所で行うことによる多くの利点

ホテル メディテラーネオは最新鋭のテクノロジーを用いて、4つの会議室に最大150名が収容できる国際会議場をご提供します。大規模なコンベンションから小規模のワークショップにまで対応できます。ホテルはケータリング設備を提供いたしますが、ご希望により、2ヶ所のレストランを選択いただくこともできます。私たちの歴史漂うレストラン「マッシモ・ダゼリオ」は通りを挟んで向かい側にあります。